トップページへ戻る

眠りが改善し、朝まで眠れるようになりました。(男性 45歳 会社員)          頭と肩が楽になってスッキリしました。(男性 50歳 会社員)          だんだんと血行が良くなっていく感じがしました。(女性 21歳 大学生)          頭ほぐしをした日は、長く眠ることが出来ています。(女性 50代 主婦)          苦しかった頭痛が治まりました。(女性 30代 会社員)          これほど体調が改善されたことに自分でも驚いています。(男性 33歳 会社員)          マッサージがじんわりとして気持ちよかったです。(男性 20代 営業)          先生の施術は力加減も程良く、揉み返しもありません。(女性 39歳)          血液循環が良くなったと感じました。(女性 45歳 パート)          お店の雰囲気も良かったです。(男性 )         

大阪、東京に店舗が御座います

不眠症も改善!今すぐ寝たい人へ必ず眠くなるマインドセット術をご紹介!

「早朝から試験がある」「翌日、大事な会議でプレゼンがある」
など、寝付けないけど、どうしても寝なきゃいけないシーンで困っている方は多いかと思います。そんな方の今すぐ寝たい理由はシンプルで、みなさん共通して「翌日しっかり起きたい。成果を出すために頑張りたいから。」ということがほとんどでした。そこで今回は、そのような方のために、マインドセット術をご紹介します!


【マインドセットって何?】
そもそも「マインドセット」について詳しくないという方も多いと思いますので、ここで少し定義しておきます。
「マインドセット」とは、経験や教育、その時代の空気、生まれ持った性質などから形成されるものの見方や考え方を指す言葉です。これには心情や心構え、価値観や判断基準など、無意識の思い込み、陥り易い思考経路といったものもこれに含まれます。
このマインドセットを利用した具体例を挙げると、目標達成や組織をまとめることを意図した企業マインドセットなどがあります。なんだか少し、難しくも聞こえますが、要はこのマインドセットを睡眠前の心構えをコントロールする重要なツールとして活用してしまいましょう、ということです。それでは早速、その方法をご紹介していきます。

【眠くなるマインドセット術-その1】
◆眠ることを苦痛から快感へ切り替える

眠れない理由の1つとして、寝ることに対する恐怖感を抱くことがあげられます。
例えば、「眠ると悪魔を見る。またこないだと同じ夢を見たくないから寝たくない。」と無意識で思っていると、心が完全にリラックスできていないので、すぐ寝付くことは難しくなります。

そこで、早く寝たい!とこれから眠ることが楽しくなるような心構えをすることがこの場合に有効です。
例えば、「行きたいところに行く、デートする、空を飛ぶ」など「あなたの見たい夢をこれから見に行くんだ!」というマインドセットをつくってしまいましょう。


◆瞑想する

眠れない理由の1つとして、眠る前に過去や未来のあらゆることを考え混んでしまう癖がついていることが挙げられます。
そのため、瞑想を通じてあらゆる雑念を取り払い、心の針を良き方向に向ける、確実に今に集中する事がマインドセットに有効であり、その結果、良い寝つきへとつなぐ近道となります。


いかがでしたか?
今回は今すぐ寝たい方に向けて必ず眠くなるマインドセット術をご紹介しました。
睡眠の質を高め、翌日のフォーマンスを高めるためにも是非、試してみてくださいね!

上部へ