トップページへ戻る

丁寧な対応でとてもいい時間が過ごせました。(男性 20代)          苦しかった頭痛が治まりました。(女性 30代 会社員)          足の調子が良くなり歩くのが楽になりました。(女性 50代)          気持ち良く、とてもリラックスできました。(女性 20代 会社員)          頭と肩が楽になってスッキリしました。(男性 50歳 会社員)          頭と体が軽くなり薬を飲まなくてもよくなりました。(女性 30代 ブライダル関係)          頭がスッキリし、視界もクリアになりました。(男性 35歳 会社員)          頭スッキリ、目元スッキリ、身体が軽くなったように思います。(女性 55歳 会社員)          血液循環が良くなったと感じました。(女性 45歳 パート)          気軽に受けれると感じました。(女性 20代 会社員)         

大阪、東京に店舗が御座います

慢性的な頭痛の緩和!片頭痛と緊張型頭痛では対策が違う!?

しかし、実際にどのように対処したら、慢性的な頭痛が和らぐのかわからないという方も多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、慢性的な頭痛を緩和するための方法についてご紹介したいと思います。


◆慢性的な頭痛の原因
皆さんは、慢性的な頭痛の正体をご存知ですか?
もちろん、頭痛にも様々な種類があるので、なかなか断定することはできないのですが、慢性的な頭痛の主な代表例は、片頭痛と緊張型頭痛です。
これらは、引き起きる原因も対策も異なります。
片頭痛が起こるのは、仕事や家事などのストレスが溜まり、そのストレスが解放されることが原因です。
その他、寝過ぎ、寝不足、空腹などでも片頭痛を誘引してしまうと言われています。
そのため、平日よりも休日に起こりやすいです。
メカニズムとしては、溜まったストレスが解放され、脳の血管が一気に拡張することによって神経が刺激されて、痛みが発生します。
症状としては、こめかみにズキンズキンとした痛みを感じることが多いです。
一方緊張型頭痛が起こるのは、普段の生活習慣やストレスなどによって、身体の筋肉が緊張してしまうことが原因です。
特に、姿勢が悪い人は筋肉が偏って緊張してしまうので、血流が悪くなり、蓄積したコリが神経によって刺激され、痛みが引き起こされます。
症状としては、頭全体が圧迫されるような痛みであることが多いです。
このように、片頭痛と緊張型頭痛では、原因も症状も異なるので注意が必要です。


◆慢性的な頭痛の対策
それでは、慢性的な頭痛への対策についてお伝えします。

・片頭痛
片頭痛が起こった場合には、痛む部分を冷やすことが効果的です。
反対に温めるのは、逆効果です。
温めてしまうと、血管が拡張するのを手助けしてしまいますので、入浴やマッサージは控えてください。
また、しっかりと休むことが重要で、暗くて静かな場所で休息をとりましょう。
光や騒音でも痛みが増してしまいます。
さらに、コーヒーや緑茶を取ることも効果的です。
コーヒーや緑茶に含まれているカフェインには血管を収縮させる働きがあります。
しかし、過剰に摂取してしまうと逆効果になりかねないので、適量を摂取するようにしましょう。


・緊張型頭痛
緊張型頭痛が起こった場合には、身体を温めることが重要です。
マッサージ、入浴、ストレッチなどで首や肩に溜まった筋肉の緊張をほぐしてあげてください。
仕事中では首や肩の血行を良くするストレッチがオススメです。
また、緊張型頭痛はストレスが原因であることも多いので、頭痛を感じたら気分転換をした方が良いでしょう。
取り組んでいることを変えなくても、今いる場所から離れるだけでも気持ちが切り替わりやすいです。
ストレス過多な社会ですので、ストレスを軽減できるリラックス方法を見つけてください。


◆まとめ
ここまで、慢性的な頭痛を緩和する方法についてご紹介しました。
片頭痛と緊張型頭痛では、原因や症状、対策が異なってきます。
そのため、違いを理解したうえで、対処していきましょう。
 

美容ライターブログ一覧へ


 

上部へ