トップページへ戻る

顔が若返り、視野が明るくなりました。(女性 33歳 会社員)          丁寧な対応でとてもいい時間が過ごせました。(男性 20代)          頭の重さがすっきりし、目がよく見えるようになりました。(男性 31歳 整骨院)          肩から上がとても楽になっていました。(女性 29歳 シンガーソングライター)          気持ち良く、とてもリラックスできました。(女性 20代 会社員)          眠りが改善し、朝まで眠れるようになりました。(男性 45歳 会社員)          後頭部の張りがほぐれて温かくなった感じがしました。(男性 51歳 自営業)          血液循環が良くなったと感じました。(女性 45歳 パート)          全身の疲れが取れる感じですごくスッキリしました。(女性 30代 主婦)          頭だけでなく、首と肩のコリもすっかりとれました。(女性 27歳 会社員)         

大阪、東京に店舗が御座います

新橋東京ブログ

あなたの自信は何ですか?

2018年09月23日 16時19分

練習会にいらした受講生の方に


「自信がついたら、開業します。」

「開業したいけど自信がないのです」




とよく相談されます。



自信がついたら?



ところで、自信はいつつきますか?



私も最初は自信なかったです。




この仕事をやり始めるとき、

ドキドキして不安にしていた私に、主人が言ってくれた言葉です。




「大丈夫!自分の力を信じて」




よく、聞きそうな言葉かもしれませんが、




そのときに、

自分を信じてることが、『自信』なんだ!

と。そうか!と確信しました。

その瞬間に、身体中の力がぬけて、心の奥から、ワクワクが止まらなくなった感情を今でもわすれません。






初めての経験に自信持ってやれる人なんていません。

私も今でもそうです。




手技には自信はあります。




それは、きちんと学んだからです。

経験もしてきました。




でも、かといって、いらしたお客様に100%満足していただけるかというと、それは自信はありません。




相性もあると思います。

私の施術がお客様には合わない場合もあるかもしれません。






手技に自信ないなら、練習してください。

アドバイスできないなら、座学を勉強してください。




習ってすぐ開業されてる方は、練習にも何回もいらしてますし、自信ないとか、いいません。




そして、こうおっしゃいます。




「自信ないから、練習にきてました」と。




そして、

目をキラキラさせて来月オープンします。とか、

お店はこうゆうふうにするんです、

こうゆう方にきともらいたい、と。

お話をしてくださいます。




ぶれてないです。





あなたの自信とは、何でしょうか?




私の自信は、自分を信じることです。




不安がないくらい準備をしているから

自信を持ってさせていただいております。




お金と時間をかけてご来店されるお客様に、そして、受講される方々に自信を持ってお伝えしたいからです。




どんなプロでもそうだと思います。




毎日の地道な練習、学び、トレーニングに時間とお金をかけています。




私も沢山自己投資しました。

自信がなかったからです。




何がよいのか、必要なのか

わからなかったです。




接客のセミナー

モチベーションのセミナー

話し方セミナー




本を読みました







そして、

自分の道の先を行く人の真似をするのが、近道でした。




私の場合、江口先生です。







同じ手技で、同じお客様をターゲットにしているからこそ、学びが沢山あります。




開業セミナー・開業相談会にも参加しました

懇親会も。

イベント・ブラッシュアップ講座も。







知らず知らずにコンサルティングをしていただいてました。




きっかけをいただいてました。




オススメのイベントには参加しました。

オススメの本も読みました。

オススメのことは、大抵やってみました。

料金設定、チラシ、割引のしかた、、、

(今はチラシも割引も必要なくなりました)


そうやって、今の私がいます。





開業相談会では、他の方の質問も、気づきになります。




懇親会でも、食事をしながらの会話がヒントになり、新しい出会いがあり、またスタートになる。







それに、

気づけたから、失敗してもまた、

やり方を変えることができました。




考えていても、何もかわりませんでした。




迷っているときは、道を変えるのと一緒、やり方を変えてみるとよいです。




それに気づくのも、気づけないのも自分。




ある方に言われたことがあります。




「今貴方は三輪車に乗ってるけど、それをバイクや、車、スポーツカーなどに乗り換えてみてください

ちょっとアクセル踏むだけで進めるんですよ」





自分で、汗かいてひたすらこぐか、

アドバイスいただいて、スポーツカーのように進むか、、、




ヘッドライフ通信を読むか読まないか。

まず、そこから、違いがでてるのかもしれません。







ヒントはたくさん落ちていると思います。







練習もテストも細かくお伝えさせていただいております。

だからこそ、

合格された方は、手技には自信を持ってください。




ぜひ、懇親会でも沢山お話をしましょう。

一般社団法人
日本ヘッドセラピスト認定協会
東京支部代表 大八木さとこ

ヘッドマッサージの頭ほぐし専門店atama東京新橋店

新橋東京ブログ一覧

上部へ