トップページへ戻る

後頭部の張りがほぐれて温かくなった感じがしました。(男性 51歳 自営業)          頭と肩が楽になってスッキリしました。(男性 50歳 会社員)          眠りが改善し、朝まで眠れるようになりました。(男性 45歳 会社員)          頭ほぐしをした日は、長く眠ることが出来ています。(女性 50代 主婦)          お店の雰囲気も良かったです。(男性 )          先生の力加減が良く、調子も良好です。(男性 30代)          頭がスッキリし、視界もクリアになりました。(男性 35歳 会社員)          30分のマッサージでも足が軽くなります。(女性 40代 会社員)          顔が若返り、視野が明るくなりました。(女性 33歳 会社員)          リラックス、リラクゼーション、コリの解消効果ばっちりです(女性 28歳 会社員)         

大阪、東京に店舗が御座います

新橋東京ブログ

セロトニン測定してきました。

2019年02月14日 17時28分

東京代表の大八木です。

いま、勉強のため通っている

医学博士の有田秀穂教授が監修の「セロトニンDojo」で

セロトニン測定をしてきました。




呼吸法やリズム運動で

セロトニンが活性化するのを測定できるのですが、

今回は私のヘッドマッサージで

セロトニンを

測定して頂きました。




頭に測定器をつけるので

揺らしてはいけない。

測定器を触ってはいけない。

受ける方は、

目は閉じれません。(アルファ1がでてしまうから)







時間は25分

それも、装置があり

髪の毛は手ぐし出来ません・・・・




でも

なんとか

その中でもできる施術をしました。




結果がこちらです。

セロトニン測定結果(アルファ波)




有田教授のチェックが入ってますが

アルファ2が200以上でていれば

セロトニン活性化していると

判断します。




きれいな山になっているのが理想的らしいです。




アルファ2派とは・・・・




呼吸法など

5分以上続けることででてくる脳派ですが

ほどよい覚醒に作用します。




目を閉じるだけででるのは

リラックスできるアルファ1だそうです。




セロトニンを活性化することで

このアルファ2がでてくるそうです。




だから、脳波で

アルファ2がでれば、

セロトニンがふえていると考えます。




そして

同時に

前頭前野も血流が良くなっているんです。




すごい効果ですね。




私たちが

施しているヘッドマッサージの効果でも

セロトニンの活性化と

いえますね。




アルファ2は

リラックスしながらも意識がさえている状態になるそうです。




有田教授のお言葉では

「クールな覚醒」と言うように表しています。




イライラしている場合は

平常心な戻り




落ち着きます。




集中力にも良いです。




瞑想や禅などで

腹式呼吸をしたあと

なんだかスッキリした感じがするのは

このアルファ2のおかげでしょう。




次回の測定では

もう少し詳しく調べてみようと思います。




どんな手技で

より活性化出来たかは




まだ確信がないので




講座の時にでも

お話していこうと思います。




本日は

ヘッドマッサージで

セロトニン活性化していることが

わかりましたので




ご報告させていただきました。

セロトニン・オキシトシン講座 有田教授 (昨年、記念撮影していただきました。)


頭ほぐし専門店atama東京新橋店
一般社団法人日本ヘッドセラピスト認定協会
大八木さとこ

新橋東京ブログ一覧

上部へ