トップページへ戻る

先生の力加減が良く、調子も良好です。(男性 30代)          マッサージがじんわりとして気持ちよかったです。(男性 20代 営業)          頭がスッキリし、視界もクリアになりました。(男性 35歳 会社員)          鉄板が一枚はがれ落ちたのではと感じる程、頭が軽くなりました。(女性 33歳 会社員)          頭スッキリ、目元スッキリ、身体が軽くなったように思います。(女性 55歳 会社員)          いろんなマッサージに対応して頂きました。(男性 40代)          頭が軽くなるかと思いきや、身体全体が軽くなります。(男性 29歳 会社員)          頭の重さがすっきりし、目がよく見えるようになりました。(男性 31歳 整骨院)          30分のマッサージでも足が軽くなります。(女性 40代 会社員)          これほど体調が改善されたことに自分でも驚いています。(男性 33歳 会社員)         

大阪、東京に店舗が御座います

不眠症も改善?眠りたいのに眠れない、あなたが試すべき3つの眠くなる方法

「眠りたいのになかなか眠れない。」
こんなシーンに遭遇する方は結構、多いかと思います。
最近は、年齢問わずほとんどの方がスマホなどで目を長時間酷使したり、いろんな場面でストレスを感じたりと、いくつもの要因があなたの眠りを確実に浅くしてしまっていることでしょう。
そんな時に「眠らなきゃ」と思えば思うほど、気を張ってしまい、ますます眠れないという悪循環に陥ってしまいます。しかし、実は自然に眠くなるためのコツが存在します。どれもとても手軽な方法なので、不眠症で悩む方も、まずは気軽に試してみてください。

【眠れるようになるコツその1】
わざとあくびを連発し、「ねむい」とつぶやく
◆方法
わざと大きなあくびをして、「あぁ、ねむい。ねむすぎる。」とつぶやく。◆ポイント
・つぶやくときはねむい自分を自ら作り出すイメージをする。
・10回程度、なんどもあくびをする。

◆こんな人にオススメ
演じることに自信がある人、いろいろ考えてしまいがちな人

人間は思い込むよりも言葉で出す方が行動に結びつき易い生き物です。ねむいと言葉で発することで、ねむい状態を作りだし、脳に自分は眠いと勘違いさせてしまいましょう。

【眠れるようになるコツその2】
リラックスできる音楽を流す
◆方法
寝るのに最適な音楽を自分で決めて、寝る前にはその音楽を聴くことを習慣化させる。

◆ポイント
・なるべくうるさくない、また、リズミカルでないものを選ぶ。
クラシックや自然音がオススメです。

◆こんな人にオススメ
音楽が好きな人、落ち着きがない人

人間は習慣化してしまえば、外部要因に伴って身体が勝手に反応します。その原理をうまく利用して、意図的に快適な睡眠環境を作り出してしまいましょう。これなら音楽さえあればどこでも実践できますね。

【眠れるようになるコツその3】
リラックスする
◆方法
寝る前に複式呼吸をする

◆ポイント
・パジャマに着替えていつでも寝られる状態にする
・布団の上で、寝る直前にやる

◆こんな人にオススメ
せっかちな人、落ち着きがない人

なかなか眠れないときは、心身が昼間と同じ緊張状態にあるということです。副交感神経の活動に切り替えてリラックスすることで寝つきがよくなります。

いかがでしたか?
睡眠は、人間の一生のうち3分の1を占めると言われています。そのため、人間にとってベストな睡眠時間について多くの研究者が議論し合っていますが、最も言えることとしては、ベストな時間は個人差があれど睡眠の質はみんなに共通して言える重大項目であることがわかります。
睡眠の質を高めるためにも是非、今回ご紹介した方法を試してみてくださいね!

上部へ