トップページへ戻る

顔が若返り、視野が明るくなりました。(女性 33歳 会社員)          頭スッキリ、目元スッキリ、身体が軽くなったように思います。(女性 55歳 会社員)          眠りが改善し、朝まで眠れるようになりました。(男性 45歳 会社員)          足の調子が良くなり歩くのが楽になりました。(女性 50代)          後頭部の張りがほぐれて温かくなった感じがしました。(男性 51歳 自営業)          疲れを感じていた頭・首・肩がとてもすっきりしました。(女性 26歳 主婦)          頭と肩が楽になってスッキリしました。(男性 50歳 会社員)          だんだんと血行が良くなっていく感じがしました。(女性 21歳 大学生)          頭も軽くなり明るい気持ちになった気がします。(女性 62歳)          頭ほぐしをした日は、長く眠ることが出来ています。(女性 50代 主婦)         

大阪、東京に店舗が御座います

目のツボ押しは要注意!押し方とそのポイントを簡単解説!

目の疲れに「ツボ」が効くと聞いたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?そのツボは、目の近くにある場合もあります。目元はとても繊細です。押し方を間違えると逆効果になってしまうこともあります。したがって、ツボを押す際にはきちんと押し方とポイントを理解したうえで行う必要があります。今回は、そんな目のツボ押しについてお話しいたします。

■押し方
まずはツボを押す前に、必ず手を洗うようにしてください。目の疲れに効果のあるツボが、目の近くにある場合があります。その際にバイ菌が入らないように、清潔な手でツボを押すようにしてください。
押す時は、指の腹で一点を垂直に押すようにしてください。指の先で押してしまうと適切に力が伝わらなかったり、爪が皮膚に食い込んでケガをしてしまう可能性があります。また、力を加えすぎないようにしましょう。特に目の近くは繊細で、眼球を強く圧迫すると逆に疲れが溜まってしまったり、痛みを感じてしまうので注意してください。押して心地よいくらいの力加減で十分です。2〜3秒かけて息を吐きながら押して、また2〜3秒かけて息を吸い込みながらゆっくり力を抜くように行いましょう。1か所につき、これを5〜10回行うのがベストです。

■ポイント
ここからは、目元のツボ押しの効果を高め、尚且つ適切に行うためにポイントと注意点をご紹介していきます。
まずは、ツボ押しを行う前に目元を温めておくようにしましょう。濡らしたタオルを電子レンジで少し温めて、それを目に乗せてもいいですし、目を閉じて手のひらを当てるだけでも温めることができます。それと同時に首と肩も軽くほぐしておくようにしましょう。目の疲れを感じている方の多くは、首と肩にコリを感じています。目元を温め、首と肩もほぐしておくことで、目元の血行を良くすることができます。目の疲れは目元の血行不良が原因のひとつであるため、このひと手間を加えることで、ツボの効果を高めることができます。
注意点としては、眼球を強く圧迫しない、落ち着いた姿勢で行う、この2点が挙げられます。あくまでツボを押すのであって、眼球自体を押すわけではありません。眼球はとても柔らかく、強く圧迫してしまうと逆に目を疲れさせてしまうこともあります。また、目の付近のツボを押す際に動いていると、手がずれて目を傷つけてしまう恐れがあります。目の付近のツボ押しをする際には、作業を一旦やめて、落ち着いた状態になってから行うようにしましょう。

いかがでしたか?
目のツボを押す際は、上記の押し方とポイントを参考に行うようにしてください。また、何か異常を感じた場合には、すぐに専門家に相談するようにしてください。

 
※美容ライターcuba-Rayさんによる投稿です。

上部へ