トップページへ戻る

気持ちがよく途中で寝てしまいました。(女性 40代)          お客様の声(動画で見る )          気軽に受けれると感じました。(女性 20代 会社員)          30分のマッサージでも足が軽くなります。(女性 40代 会社員)          マッサージがじんわりとして気持ちよかったです。(男性 20代 営業)          頭と体が軽くなり薬を飲まなくてもよくなりました。(女性 30代 ブライダル関係)          先生の施術は力加減も程良く、揉み返しもありません。(女性 39歳)          滞っていた全身のリンパが流れた気がします(男性 42歳 会社員)          頭が軽くなるかと思いきや、身体全体が軽くなります。(男性 29歳 会社員)          眠りが改善し、朝まで眠れるようになりました。(男性 45歳 会社員)         

大阪、東京に店舗が御座います

「もしかして不眠症?」眠れない人がぐっすり眠れる不眠症改善方法3選

「眠りたいのに眠れない日々が続いてる、もしかしてわたし不眠症?」
そんな方も多いのではないでしょうか?

最近、仕事が忙しくて不規則な生活が続いているという方ならなおさら、不眠症の心配がでてきますね。
今回は、そんなあなたに向けて、不眠症の原因とその改善方法を3つご紹介します。

【不眠症の定義】
「そもそも不眠症ってどこからがそれに該当するの?」と思う方もいらっしゃると思いますが、日本不眠学協会によると、不眠症とは以下の4つに分かれているようです。
どれが自分に当てはまるか、是非セルフチェックしてみてください。

1.夜間中々入眠出来ず寝つくのに普段より2時間以上かかる入眠障害
2.一旦寝ついても夜中に目が醒め易く2回以上目が醒める中間覚醒
3.朝起きたときにぐっすり眠った感じの得られない熟眠障害
4.朝普段よりも2時間以上早く目が醒めてしまう早朝覚醒

【不眠症の原因】
次に、不眠症の原因について考えていきましょう。これは何に対しても共通することですが、問題を根本的に解決していくためには、まずその論点を見つけて、そこに向かってアプローチしていくということが大切ですね
不眠症には季節差、個人差など、様々な要因に違いはあるものの、以下の項目が主な原因とされています
・ストレス
・薬や刺激物
・不規則な生活
・環境
・うつ病
・身体の病気(アレルギー、かゆみ、咳、痛みなどの睡眠を妨げるもの)


【不眠症の改善方法3選】
・不眠症の改善方法その1-毎朝同じ時間に起きる

自立神経を調節するために、毎朝同じ時間に起きて身体のリズムを調え、太陽の光を浴びるようにします。これを習慣づけて、1日の周期をつくっていきます。
これは特に、休日だからといって、つい寝だめしてしまう方にとって、有効かもしれませんね!

・不眠症の改善方法その2-趣味を持つ
何かに没頭することは、楽しいだけなく、自然とストレス解消法につながります。音楽、読書、スポーツ、旅行、ダンス、ヨガ、ストレッチなど、自分にあった趣味を見つけ、定期的に気分転換を図り、ストレスフリーを目指しましょう。

これは特に、今まで趣味をもっていなかった人にとっては趣味も自己流のストレス解消法も、どちらもつくれて一石二鳥ですね!

・無理に寝ようとしない
無理に寝ようとするとかえって寝れなくなります。
なぜなら、緊張、不安、焦りなどによりアドレナリンが放出されるためです。

これでも寝れないという人は、基本的にカフェインレスのルイボスティーやサプリメント等を飲むことも一方法となりますね!


いかがでしたか?
今回は、不眠症を改善するための知識を詳しくご紹介しました!
様々な改善方法がありますが、あなたにとってぴったりな改善が一刻もはやく見つかることをお祈りしています!

上部へ