トップページへ戻る

頭ほぐしをした日は、長く眠ることが出来ています。(女性 50代 主婦)          顔が若返り、視野が明るくなりました。(女性 33歳 会社員)          いろんなマッサージに対応して頂きました。(男性 40代)          静かなところで、ゆったりと心が落ち着きました。(男性 51歳 会社員 )          スッキリして体が軽くなりました。(女性 40代 会社員)          後頭部の張りがほぐれて温かくなった感じがしました。(男性 51歳 自営業)          頭も軽くなり明るい気持ちになった気がします。(女性 62歳)          だんだんと血行が良くなっていく感じがしました。(女性 21歳 大学生)          疲れを感じていた頭・首・肩がとてもすっきりしました。(女性 26歳 主婦)          滞っていた全身のリンパが流れた気がします(男性 42歳 会社員)         

大阪、東京に店舗が御座います

不眠症を改善したい方必見!まずはその原因を知ろう!

今、この記事をご覧になっているということは、不眠症に悩まされている方だと思います。よく眠れないと疲れも抜けませんし、体もしんどいですよね。自分で何とかしたいと思うけど、どうすればいいのかわからないという方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?不眠症を改善するためには、まずは不眠症になっている原因を探る必要があります。そこで今回は、不眠症の原因についてお話しいたします。

■環境
まずは、環境が原因として挙げられます。睡眠には適した環境を整えてあげることが必要になってきます。部屋を暗くするのもその一つです。部屋が暗いと体内時計が正常に働き、寝付きやすくしてくれます。しかし、部屋が明るいと体内時計が狂って、睡眠に悪影響を及ぼします。したがって、寝る際は部屋を暗くするようにしましょう。どうしても明かりが欲しい方は、間接照明などを使うようにして、目に入ってくる光の量を減らしてみてください。
音も睡眠に大きく関わってきます。車や電車の音、洗濯機の音、クーラーの室外機の音などは睡眠に悪影響を与えます。自分で静かな空間を作り出すよう意識し、外からの騒音には遮音カーテンや防音フィルムなどを用いて対策するようにしましょう。これだけでも、騒音を防ぐことができます。
寝具も不眠症の原因になり得ます。マットレスは、寝たときに自然な姿勢になれるような適度な硬さのものを選びましょう。柔らかすぎると体が沈み込み、腰に負担がかかってしまいます。このような寝具でずっと寝ていると、不眠症に加えて腰痛になる恐れもあります。枕は、寝返りの打ちやすいものがいいでしょう。枕に頭を預けて寝たときに、横から見て顎が水平になっているものがベストです。
温度や湿度も気にするようにしましょう。夏場は蒸し暑くて寝苦しさを感じ、冬場は寒さと乾燥で寝付きにくいです。それぞれの季節に合った対策をとるようにして、眠りやすい環境を整えるようにしましょう。

■リラックス
環境をいくら整えても、あなたがリラックスした状態でなければ眠りにつくことは難しいです。リラックスできない原因として、湯船につかっていないということが挙げられます。お風呂は体も心もリラックスさせてくれます。したがって、積極的に湯船につかるようにしましょう。また、体が常に緊張状態になっていることも考えられます。ストレスにさらされる生活の中でも、意識して力を抜くようにしましょう。緊張状態になると呼吸が浅くなるので、深呼吸をすると緊張を緩和させる効果があります。

いかがでしたか?
今回ご紹介したような原因がないか考えて、それに基づいた対策を取ることで不眠症を改善してみてください。

 

上部へ