トップページへ戻る

血液循環が良くなったと感じました。(女性 45歳 パート)          だんだんと血行が良くなっていく感じがしました。(女性 21歳 大学生)          頭と体が軽くなり薬を飲まなくてもよくなりました。(女性 30代 ブライダル関係)          スッキリして体が軽くなりました。(女性 40代 会社員)          これほど体調が改善されたことに自分でも驚いています。(男性 33歳 会社員)          お店の雰囲気も良かったです。(男性 )          先生の施術は力加減も程良く、揉み返しもありません。(女性 39歳)          気軽に受けれると感じました。(女性 20代 会社員)          苦しかった頭痛が治まりました。(女性 30代 会社員)          気持ちがよく途中で寝てしまいました。(女性 40代)         

大阪、東京に店舗が御座います

長年不眠症に悩む人がかなり良くなる、不眠症解消法を選抜!

「ここ数年、中々ぐっすり眠れていない」、「夜中に何度も起きてしまう」などストレスや多忙ゆえに回避できない不規則な生活から起因して、不眠症に悩まされている方も、少なくはないのでしょうか?
そこで今回は、そんな方が少しでもよくなるように、不眠症の解消法をご紹介します。

【不眠症の恐怖】
実は、不眠症の影響によって起こる症状が存在します。
・眠気
・疲労
・集中困難
・食欲不振
など、上記からわかるように、これらの症状は我々の日常生活のなかでも非常に厄介な問題となります。
不眠症を放置しておくと、どんどん生活しづらくなり、生活が不規則になる、そしてまた中々寝付けない。このような悪循環を生まないためにも、きちんと自分の身体の論点と向き合い、下記の方法を参考に、積極的にアプローチしてあげましょう!

【不眠症の解消法まとめ】

・寝る前にホットミルクを飲む

理由は身体を温めて安眠に導いてくれるだけでなく、牛乳の成分にあります。牛乳には睡眠にとって一番重要な「セロトニン」を作り出すための「トリプトファン」を多く含んでいます、そのため、寝る前のホットミルクはぐっすり眠れる魔法のドリンクです。ちなみに食べ物でいうと、チーズなどの乳製品、レバー、かつお、まぐろ、ナッツ類などにトリプトファンは多く含まれます。あなたが取り入れやすいものを意識して摂取していきましょう。


・1時間以上の昼寝はしない

当然ですが、長時間の昼寝をすると、その分、夜眠りにくくなります。なので昼寝は長くても1時間にとどめるべき、あるいは15分程度の短期睡眠が脳の生産性に対して最も有効な時間のようです、是非、意識してみてください!

・アプリをつかう
最近では、睡眠に関するアプリが存在します。睡眠時間を管理したり、あなたの身体にあった時間に起こしてくれたりと、機能はそれぞれのようです。一度、試して見るのもいいですね!

・遮光効果の高いカーテンを使う

不眠の環境要因の一つとして、「光」があります。そこで遮光効果の高いカーテンを利用することで、不眠を解消することが期待できるようです。最近は、アイマスクなども市販されているので、まずはそこからはじめてみるのも良いのではないでしょうか?


いかがでしたか?
今回は、不眠症にお悩みの方にむけて、その解消方法をご紹介しました。
不眠症は個人差があるため、それに比例して、解消方法も千差万別にあるとも考えられます。是非、自分に合った不眠症解消方法をみつけてくださいね!その際には、この記事が少しでも助けになることを願っています!

上部へ