トップページへ戻る

先生の施術は力加減も程良く、揉み返しもありません。(女性 39歳)          鉄板が一枚はがれ落ちたのではと感じる程、頭が軽くなりました。(女性 33歳 会社員)          頭と体が軽くなり薬を飲まなくてもよくなりました。(女性 30代 ブライダル関係)          静かなところで、ゆったりと心が落ち着きました。(男性 51歳 会社員 )          後頭部の張りがほぐれて温かくなった感じがしました。(男性 51歳 自営業)          気持ちがよく途中で寝てしまいました。(女性 40代)          疲れを感じていた頭・首・肩がとてもすっきりしました。(女性 26歳 主婦)          血液循環が良くなったと感じました。(女性 45歳 パート)          頭だけでなく、首と肩のコリもすっかりとれました。(女性 27歳 会社員)          全身の疲れが取れる感じですごくスッキリしました。(女性 30代 主婦)         

大阪、東京に店舗が御座います

不眠症の方必見!選抜された不眠症治療方法を一挙公開!

「いつになったらぐっすり眠れるんだろう。」
ビジネスマンによくみられる不眠症、このように悩んでいるのはあなただけではありません。
2〜3時間おきには起きてしまったり、なかなか寝付けずにほぼ徹夜の日が何日も続いたりと、そんな生活を続けていると、脳や身体の機能低下や老化を引き起こしてしまいます。
そこで今回は、いくらかある不眠症治療のなかでも、比較的日常に取り入れやすい不眠症の治療方法をご紹介します! 

【治療法その1】就床環境の見直し
就床環境が快適になると、夜中の目覚め軽減が期待できます。
特に目覚めの原因として、音や光による刺激や温度の変動などがあります。そのため、以下の対策が手助けとなります。

・音対策のためにじゅうたんを敷く
・ドアをきっちり閉める
・遮光カーテンを用いる
・寝室を快適な温度に保つ

これらは比較的すぐ実践できるようなものが多いので、できるものから試してみると良いですね。

【治療法その2】食生活の見直し
睡眠前に脂っこいものや胃もたれするものを摂ると、睡眠の妨げになります。一方で、睡眠前に食べると良いとされる食べものもあります。以下の食べ物には、安眠へ導く成分が含まれています。日々の食生活のなかで意識して取り込むと良いですね!
安眠に効用な食べ物は他の記事でも詳しく紹介しているので、気になった方は是非、そちらも御覧ください!

・ほうれん草
緑黄色野菜の王様と呼ばれている、ほうれん草には、「ルテイン」が豊富に含まれています。
また、ほうれん草に多く含まれるβ-カロテンは、体内で必要な分だけビタミンAへと変換されますが、ビタミンAには目の粘膜の保護や修正に役立ちます。

・牛乳
こちらは飲み物ですが、安眠に導くとされるトリプトファンという成分が多く含有されている飲み物の代表格です。睡眠の前にホットミルクにして飲んだり、さらに体を温める作用のあるココアやシナモン、生姜を加えるとさらにおいしく飲めます。

【治療法その3】アプリを使う
最近では、不眠症の治療に役立つアプリも出てます。
心拍数から最適なサウンドを届け、安眠に導いてくれるもの、寝言やイビキの録音が可能なもの、眠りの質をグラフにまとめて統計して眠りの質を客観的に見られるものなど、これらをつかって睡眠の管理をし、改善していく治療があります。
無料なものもあるようなので、お手軽に実践できるので、試してみると良いですね!

いかがでしたか?
睡眠の質は翌日のパフォーマンスに影響する非常に重要な役割を担っています。よって、不眠症の状態を改善できれば、日々の中で今のあなたが行っている、倍以上のパフォーマンスができるようになるかもしれません。今回ご紹介した治療法はほんの一部で、他にもたくさんあります。もし、効果がなかった場合も諦めずに、自分に合った治療法を探してくださいね!

上部へ