トップページへ戻る

頭と体が軽くなり薬を飲まなくてもよくなりました。(女性 30代 ブライダル関係)          これほど体調が改善されたことに自分でも驚いています。(男性 33歳 会社員)          顔が若返り、視野が明るくなりました。(女性 33歳 会社員)          後頭部の張りがほぐれて温かくなった感じがしました。(男性 51歳 自営業)          足の調子が良くなり歩くのが楽になりました。(女性 50代)          だんだんと血行が良くなっていく感じがしました。(女性 21歳 大学生)          眠りが改善し、朝まで眠れるようになりました。(男性 45歳 会社員)          気軽に受けれると感じました。(女性 20代 会社員)          30分のマッサージでも足が軽くなります。(女性 40代 会社員)          いろんなマッサージに対応して頂きました。(男性 40代)         

大阪、東京に店舗が御座います

目の疲れを解消するにはまず環境から!少しの工夫でクリアな視界を手に入れよう!

目の疲れを放っておくと、恐ろしい事態になる場合もあること、ご存知ですか?
物が二重に見えたり、頭痛が止まらなくなったり、視界がぼやけてしまうようなことになる場合もあります。目は重要な感覚器官ですので、健康に保ちたいですよね。同時に、目を使わなければならないシチュエーションが生活の中で多いことも事実です。今回は、目の疲れを軽減し、休ませるための環境の整え方について、ご紹介します。

■『テレビは明るいところで、テレビから離れて観ましょう』皆さんも一度は聞いたことのあるこのセリフ。じつは、これを守ることで、あなたの目の疲れを軽減できるって、ご存知ですか?

・ディスプレイは、ディスプレイよりも明るい環境で見る

スマートフォンやテレビなどのディスプレイを、暗い室内で見たりすることはないでしょうか。画面の方が部屋の明るさよりも明るい場合、目に大きな負担がかかります。眩しすぎる、もしくは反射の多いディスプレイには、フィルターを取り付けるようにしましょう。

・ディスプレイは目からできるだけ離す

ディスプレイを顔の近くに置いて見ることが目に悪いのは、なんとなく想像できますよね。テレビを顔の目の前に置く人は少ないと思いますが、スマートフォンについてはどうでしょう?寝っころがって、顔の横にスマートフォンを置いていませんか?姿勢よく距離を置いてディスプレイを観ることで、目に疲れがたまりにくくなります。

■目の疲れに大敵なのは“乾燥”

目は疲れるとまばたきが少なり、乾燥しがちになるものです。オフィスや家が乾燥していると、目の疲れは一層深刻になってしまいます。集中しすぎずに、意識的に自分の目を閉じる時間を作ったり、水分をこまめに補給したりすることを心がけましょう。
目の渇きは、放っておくとドライアイなどの症状を引き起こしてしまいます。症状が軽いうちに、解決させたいですね。

■不規則・悪い生活習慣は目へのストレスに

ディスプレイの利用だけでなく、暴飲暴食や睡眠不足などの、悪い生活習慣も目の疲れを誘発します。お風呂にゆっくり入ったり、栄養のある食事を心がけたりすることで、より疲れにくい目を手に入れましょう。

いかがでしたか?目の疲れは、「何かをすればすぐに治る!」といった簡単なものではありません。また、あまりにも症状がひどい場合には、マッサージなどの対処療法で、目の疲れを取るようにしましょう。目が疲れにくい環境と、目の疲れを取る対応策で、より健康な目で生活したいですね。

上部へ