トップページへ戻る

苦しかった頭痛が治まりました。(女性 30代 会社員)          全身の疲れが取れる感じですごくスッキリしました。(女性 30代 主婦)          肩から上がとても楽になっていました。(女性 29歳 シンガーソングライター)          これほど体調が改善されたことに自分でも驚いています。(男性 33歳 会社員)          マッサージがじんわりとして気持ちよかったです。(男性 20代 営業)          スッキリして体が軽くなりました。(女性 40代 会社員)          30分のマッサージでも足が軽くなります。(女性 40代 会社員)          だんだんと血行が良くなっていく感じがしました。(女性 21歳 大学生)          気持ち良く、とてもリラックスできました。(女性 20代 会社員)          頭が軽くなるかと思いきや、身体全体が軽くなります。(男性 29歳 会社員)         

大阪、東京に店舗が御座います

目の疲れはどうして解消されない?デスクワークとの深い関係

「目の疲れを感じているけど、どうしたらいいか分からない」「仕事が原因だと思うけれど、仕事の仕方を変えることなんてできないし…」そんなふうに悩んだこと、ありませんか?
PCを用いた仕事を行う方が多い現代社会において、人々の持つ目の疲れは甚大です。まばたきの回数が減った気がする、目の渇きが気になる、という方も多いのではないでしょうか。

また、それに対して目薬や自分でマッサージをしたりして、改善策をとっている方も多いですよね。しかし、それらの努力は、あまり良い結果を生まないこともあります。今回は、目の疲れの元とデスクワークの関係について、ご紹介します。

■1日何時間、ディスプレイを見ていますか?

仕事でPCを使う方、仕事だけがその疲れた目の原因だと思ったら、大間違いです。
通勤通学時間でのスマートフォン操作、自宅でのテレビ視聴時間。現代社会にはありとあらゆるディスプレイがあふれ、あなたの目に負担をかけています。仕事でPCを使わない人でも、必要に迫られてスマートフォンを用いたりしているのが現状です。加えてPC作業も行っているのですから、目が疲れるのは当然ですよね。

■必要なのは継続的な改善策

これらの非常に長期的な国師で疲れてしまった目をケアするには、継続的に改善策を用いていくいことが必要になります。例えば、一時間ディスプレイに向かったら、10~15分は離れてみる。
目のまわりのツボを押してみる、体操をする、などのことで、ある程度目の疲れを取り除くことはできます。保湿機能に優れた目薬なども効果的です。
しかしこれらは毎日の積み重ねで、徐々に症状を改善していくもの。
このすべてを実施したとしても、明日からすぐに目が健康になる、ということありません。

■きついデスクワークの後は『目へのご褒美』を!

仕事が極端に忙しい時期などには、先述したような細かいケアができないこと、ありますよね。そんなときには、目に対してきちんと効果のあるご褒美を与えてみましょう。例えば、一日ディスプレイを見ずに外に出かける日を設けることは、目の疲れを癒してくれます。このとき、スマートフォンばかり見ないように注意が必要ですね。
長期的にディスプレイから離れるのが難しい方の場合は、短期的に集中して目にご褒美をあげる必要があります。マッサージなどで、短時間で良い気分転換になる場合もありますね。

いかがでしたか?目の疲れは、なにかをしたらなくなるという、確実なものはありません。一生使い続けるものですから、他の身体の部位同様、目にもきちんとしたケアを行って、健康を保っていきましょう。

上部へ