トップページへ戻る

頭の重さがすっきりし、目がよく見えるようになりました。(男性 31歳 整骨院)          お店の雰囲気も良かったです。(男性 )          顔が若返り、視野が明るくなりました。(女性 33歳 会社員)          頭だけでなく、首と肩のコリもすっかりとれました。(女性 27歳 会社員)          全身の疲れが取れる感じですごくスッキリしました。(女性 30代 主婦)          いろんなマッサージに対応して頂きました。(男性 40代)          静かなところで、ゆったりと心が落ち着きました。(男性 51歳 会社員 )          気持ち良く、とてもリラックスできました。(女性 20代 会社員)          眠りが改善し、朝まで眠れるようになりました。(男性 45歳 会社員)          頭が軽くなるかと思いきや、身体全体が軽くなります。(男性 29歳 会社員)         

大阪、東京に店舗が御座います

目の疲れを簡単解消!デスクワークの合間にできる効果的な解消法とは

「一日中デスクワークで、仕事終わりには目がしょぼしょぼする…」
とお悩みではありませんか?

あらゆる仕事がIT化してきた現代では、約半数の人がデスクワーク中心の仕事をしているといわれています。「デスクワーク」というと、机の前に座って行う仕事を全般的に指しますが、パソコンを使った作業を行っている人が多いでしょう。
一日中デスクワークでパソコンのディスプレイを見ているため、仕事が終わるころには、目がかすむ、しょぼしょぼする、二重に見える、瞼が重い、といった疲れ目の症状で苦しむ方が増えています。デスクワークの合間にできる、目の疲れを解消する方法が知りたいというたくさんの声もあがっています。
そこで今回は、デスクワークの合間に目の疲れを解消するための、効果的な方法をご紹介します。

■温める?冷やす?オフィスで目の疲れを解消するには?

「目が疲れた時は、温めるといい」と聞いたことはありませんか?
もちろん、目を温めると、目の周りの血行が良くなり、目の疲れを解消する効果があります。しかし、目を温めて疲れ目解消の効果を得ようと思うと、40分以上の時間が必要だといわれています。
デスクワークの合間に目を温めたとしても、すぐに仕事に戻らなければならないため、温めることでこりがほぐれたはずの目の筋肉が、また固まってしまい、目の疲れをさらに蓄積してしまうことに繋がります。

一方、目を冷やすと、目の周りの筋肉と血管が収縮し、その後、元に戻ろうとする力を引き出すことで、血管が拡張し血流改善が期待できます。目を冷やす方法は、慢性的な目のかすみよりも、「目を休めたら治る」といった種類の目の疲れに適しているので、オフィスワークでの目の疲れに最適な方法ではないでしょうか。

最近では、アイマスクのような形の目を冷やすグッズもたくさんあります。また、冷却シートのようなもの、ぬれタオルを冷やしておいたものを目にあてることでも効果があります。


今回は、デスクワークの合間に簡単にできる、目の疲れの解消法を紹介しました。
目を温める方法と、冷やす方法と、どちらも目の血流改善につながり、疲れ解消の効果があります。その中で、デスクワークの合間で解消するならば、「目を冷やす」方が適しているのです。
オフィスでは冷やして、目の疲れをなるべく短時間で解消し、自宅に帰った後など十分に時間があるときに、目を温めて、蓄積した疲れをじっくりと解消するとよいでしょう。
目を冷やす方法と温める方法を適切に使い、毎日溜まっていく目の疲れを蓄積させないようにしましょう!

上部へ