トップページへ戻る

スッキリして体が軽くなりました。(女性 40代 会社員)          頭スッキリ、目元スッキリ、身体が軽くなったように思います。(女性 55歳 会社員)          気軽に受けれると感じました。(女性 20代 会社員)          気持ちがよく途中で寝てしまいました。(女性 40代)          気持ち良く、とてもリラックスできました。(女性 20代 会社員)          丁寧な対応でとてもいい時間が過ごせました。(男性 20代)          リラックス、リラクゼーション、コリの解消効果ばっちりです(女性 28歳 会社員)          頭ほぐしをした日は、長く眠ることが出来ています。(女性 50代 主婦)          30分のマッサージでも足が軽くなります。(女性 40代 会社員)          足の調子が良くなり歩くのが楽になりました。(女性 50代)         

大阪、東京に店舗が御座います

目の疲れを改善したい方必見!目の疲れに効く栄養素と食べ物

長時間のデスクワークやパソコン作業などで、普段目を酷使されている方は多いかと思います。目を酷使すると慢性的な目の疲れに悩まされますよね。なんとか目の疲れを改善したいとお悩みの方に、今回は目の疲れに効く栄養素と食品についてお話しいたします。

■目に良い栄養素
ビタミンAは、目、粘膜、髪、皮膚を健康な状態に保ち、涙の生成を助けてくれる効果があります。この栄養素は主にレバー、にんじん、小松菜などに多く含まれています。
ビタミンBは、目の粘膜組織を構成する要素の1つであり、目の神経の働きを活性化させ、目の疲れを取り除く効果があります。この栄養素は主にアサリ、豚肉、マグロ、サンマなどに多く含まれています。
ビタミンCは、水晶体の透明度を維持するほか、その抗酸化作用による老化や生活習慣病の予防効果も期待できます。この栄養素は主にいちご、ブロッコリー、菜の花、みかんに多く含まれています。
ビタミンDは、ビタミンAの吸収を助けて、その働きを促進する作用があるため、合わせて摂取したい栄養素です。この栄養素は主に鮭、まいたけ、きくらげに多く含まれています。
ビタミンEは、血行を促進させる働きと共に、抗酸化作用による細胞の老化防止効果もあります。この栄養素は主に落花生、くるみ、アーモンド、ヘーゼルナッツなどに多く含まれています。

■目に良い食べ物
目にいい食べ物というと、ブルーベリーを思い浮かべる方は多いと思います。実際ブルーベリーは、目にとてもいい効果をもたらしてくれます。ブルーベリーの色素に含まれるアントシアニンという成分が、目の網膜にあるロドブシンというものを再合成し、その働きを活性化させる効果があります。したがって、疲れ目、網膜炎に効果的です。ブルーベリージャムをヨーグルト、トーストと共に食べるのもいいですし、冷凍ブルーベリーをおやつ代わりにつまむのもおすすめです。
食べ物ではありませんが、黒酢も目にいい食品の1つです。黒酢には、血液をサラサラにして血流をよくする効果があります。酸素と栄養を豊富に含んだ新鮮な血液が全身に行きわたるので、疲れ目は勿論、肩こりや神経痛などにも効果があります。日々の料理に取り入れるほか、ビネガードリンクを作って毎日摂取するのもいいでしょう。
ニンニクは、ビタミンB1(目の疲れを解消、目の神経の働きをサポート)の働きを強め、血行を促進してくれる働きがあります。眼精疲労、肩こり、全身の疲労回復に非常に効果のある食べ物です。ニンニクは臭いが気になりますが、現在は臭いが気にならないように加工されたものもあるので、うまく生活に取り入れていきましょう。

いかがでしたか?
今回ご紹介したことを参考に、日々の食生活から目の疲れを改善していきましょう!

上部へ