トップページへ戻る

血液循環が良くなったと感じました。(女性 45歳 パート)          お店の雰囲気も良かったです。(男性 )          頭だけでなく、首と肩のコリもすっかりとれました。(女性 27歳 会社員)          気持ち良く、とてもリラックスできました。(女性 20代 会社員)          後頭部の張りがほぐれて温かくなった感じがしました。(男性 51歳 自営業)          スッキリして体が軽くなりました。(女性 40代 会社員)          頭がスッキリし、視界もクリアになりました。(男性 35歳 会社員)          足の調子が良くなり歩くのが楽になりました。(女性 50代)          頭ほぐしをした日は、長く眠ることが出来ています。(女性 50代 主婦)          頭も軽くなり明るい気持ちになった気がします。(女性 62歳)         

大阪、東京に店舗が御座います

頭痛と肩こりの関係性!併発したときの対処法とは?

皆さんは、肩こりと頭痛が同時に発生するという経験をしたことはありませんか?
偶然だと思った方もいるかもしれませんが、肩こりと頭痛には関係性があるのです。
そこで今回は、そのメカニズムと対策をご紹介したいと思います。


◆肩こりと頭痛の関係性
肩こりと頭痛になぜ関係性があるのか疑問に思う方も多いでしょう。
そこで、肩こりと頭痛が関係あるというメカニズムをご説明します。
肩こりと頭痛が併発するのであれば、それは緊張型の頭痛である可能性が高いです。
緊張型の頭痛とは、身体的なストレスや精神的ストレスから身体の筋肉が固まってしまい、血流の悪化で老廃物が溜まってしまった結果、頭が痛くなるものを指します。
そして、その血流が悪化して老廃物が溜まりやすいのが肩や首などです。
そのため、老廃物が溜まり肩こりになってしまうと同時に、肩に近い頭にも影響が出てしまいます。


◆対策方法
皆さんの頭痛の原因が肩こりにあるのでしたら、その肩こりを防ぐ対策をすることが効果的です。
そこで肩こりに効果的な方法を3つご紹介します。

・規則正しい生活
皆さんは、普段の生活リズムは整っていますか?
仕事の影響で睡眠不足になったり、忙しくて栄養が十分に取れていなかったりする方も多くいらっしゃると思います。
しかし、そのような生活をしていては、血行が悪くなってしまい、肩こりと緊張型の頭痛の原因になってしまいます。
そのため、十分な睡眠と、栄養バランスの整った食事を意識しましょう。

・ストレッチ
ストレッチをすることで、筋肉がほぐれて身体の血行を促進できます。
そのため、日ごろから積極的にストレッチをしましょう。
また、肩こりと頭痛に効果的であるのは、上半身のストレッチですが、全体のストレッチをした方が様々なメリットを得らえるので、できるのであれば満遍なくストレッチすると良いでしょう。

・姿勢の改善
姿勢も肩こりや頭痛の原因です。
そのため、仕事でデスクワーク作業をする方に、緊張型の頭痛が発生しやすくなります。
対策としては、椅子の高さの調節やクッションを利用し、正しい姿勢を無理なく維持しやすくすること、同じ姿勢のまま長時間作業しないことが効果的です。
このように、肩こりの原因に対策すると、同時に頭痛への対策にもなります。
是非、実行してみてください。


◆まとめ
ここまで、肩こりと頭痛に関係性があるというメカニズムと改善のために方法についてご紹介しました。
この記事を参考にして、肩こりと頭痛の対策をしてみてください。
 

美容ライターブログ一覧へ


 

上部へ