トップページへ戻る

滞っていた全身のリンパが流れた気がします(男性 42歳 会社員)          マッサージがじんわりとして気持ちよかったです。(男性 20代 営業)          スッキリして体が軽くなりました。(女性 40代 会社員)          先生の施術は力加減も程良く、揉み返しもありません。(女性 39歳)          頭と体が軽くなり薬を飲まなくてもよくなりました。(女性 30代 ブライダル関係)          頭がスッキリし、視界もクリアになりました。(男性 35歳 会社員)          静かなところで、ゆったりと心が落ち着きました。(男性 51歳 会社員 )          丁寧な対応でとてもいい時間が過ごせました。(男性 20代)          頭スッキリ、目元スッキリ、身体が軽くなったように思います。(女性 55歳 会社員)          後頭部の張りがほぐれて温かくなった感じがしました。(男性 51歳 自営業)         

大阪、東京に店舗が御座います

頭が重い!首が痛い!この症状の原因と対処法とは?

この記事をご覧の方の中に、頭の鈍い痛みと、首の痛みを同時に感じている方がいらっしゃると思います。
その原因は何かご存知ですか?
原因を解明することで、おのずと対処法も見つかり、その痛みを軽減できる可能性が高くなります。
そこで今回は、頭が重かったり、首が痛かったりする原因と対処法についてご紹介します。

◆自律神経と頭痛・首の痛みの関係性
皆さんの自律神経は正常に働いていますか?
ほとんどの方が自分の自律神経が正常に働いているのかどうか認識できないと思います。
そこで、自律神経が乱れている方の特徴をお伝えします。
・胸やけ
・胃もたれ
・便秘
・過呼吸
もしもこれらに当てはまることがあったら、自律神経に異常がある可能性が高いです。
そして、自律神経に異常が起きてしまうと、交感神経と副交感神経のバランスがおかしくなってしまいます。
交感神経と副交感神経とは内臓の動きをコントロールしている末梢神経で、交感神経が緊張ややる気を出す車のアクセルの役割をする神経、副交感神経はリラックスしているときに働く神経と言われています。
この二つがバランスを保っているのですが、バランスが崩れてしまい、交感神経が優位になると、身体の頭や肩、首の筋肉が緊張してしまいます。
筋肉が緊張することによって神経を圧迫してしまい、緊張型の頭痛になってしまいます。
そして、この緊張型の頭痛が頭の鈍い痛みの正体である可能性が高いです。
また、筋肉が緊張してしまうと、肩や首も凝りやすくなります。
そのため、現在自律神経のバランスが崩れてしまっている方で、頭の鈍い痛みや首の痛みがある方は、自律神経を正常に働かせることが効果的です。

◆自律神経を正常に働かせる方法
自律神経のバランスを正常に働かせることで、頭の鈍い痛みや首の痛みを改善できる可能性が高いです。
そこで、自律神経を整える方法をお伝えします。
まず、自律神経が乱れてしまわないように、ストレスと生活習慣の乱れを改善しましょう。
ストレスの軽減や乱れた生活習慣を改善する方法の一例として下記が効果的だと言われています。
・自分の趣味に熱中する
・入浴をしてリラックスする
・深呼吸をして呼吸を整える
これらは、ストレスを減らすことに有効です。
・定期的に適度な運動をする
・栄養バランスのとれた健康的な食事を行う
・十分な睡眠を確保する
これらは、生活習慣の乱れを改善することに有効です。
ストレスを減らすことと生活習慣の乱れを改善するという二つのアプローチを同時にすることで、相乗効果が生まれます。
いきなりご自身の生活のリズムを変えることはかえってストレスを感じてしまい、あまり良い効果が現れにくくなりますので、無理のない範囲で取り組んでみてください。

◆まとめ
今回は、頭が重く感じたり、首が痛くなった場合の原因と対処法についてご紹介しました。
主な原因として自律神経の乱れが挙げられます。現代はストレスを感じる機会が多く、交感神経が働きやすくなっていますので、今回の例のようにご自身でリラックスできる方法を見つけることで、症状が改善できるかもしれません。
是非試してみてください。
 

美容ライターブログ一覧へ


 

上部へ